7月の一覧に戻る
ウマノスズクサウマノスズクサウマノスズクサ
秋田市高清水公園
ウマノスズクサ
<馬の鈴草>
ウマノスズクサ科 ウマノスズクサ科
生育地:草地
花期:7〜9月
川の土手の草地などで、他の草木に絡みついて生育する。葉は互生し、三角状卵形で基部が耳状に張り出す。葉腋に暗紫色のサキソフォンに似た花を1個付ける。萼筒はゆるく湾曲し、先端が斜めに切り落としたように反り返る。花の基部は球形に膨らむ。
和名の由来は、葉が馬面で、実が馬の首に下げる鈴に似ることからきている。ジャコウアゲハが有毒なこの葉を食べて鳥からの補食を避ける。
【準絶滅危惧種(NT)】