6月の一覧に戻る
ヤマトキソウヤマトキソウヤマトキソウヤマトキソウ
男鹿半島寒風山
ヤマトキソウ
<山朱鷺草>
ラン科 トキソウ属
生育地:山地
花期:6〜7月
草丈:10〜20cm
山地や丘陵地の日当たりの良い草地に生える。茎の中央部よりやや上に1葉を付ける。葉はやや厚い肉質の長楕円形。花茎の頂端に上向きに1個の花を付ける。淡紅色で、満開になっても殆んど開出しない。
背萼片は線状披針形、側萼片も同形、側花弁は萼片と同長だが幅が広い。唇弁は長楕円形で3裂し、側裂片は小型、中裂片の表面には肉質突起が密生する。
近縁種のトキソウ はヤマトキソウより色調が濃く開出した花を横向きに付ける。
【絶滅危惧 II類(VU)】