6月の一覧に戻る
ハマカキランハマカキランハマカキランハマカキラン
能代市風の松原
ハマカキラン
<浜柿蘭>
別名:エゾスズラン
ラン科 カキラン属
生育地:海岸沿いのクロマツ林
花期:6〜7月
草丈:30〜60cm
海岸沿いのクロマツ林の林床に生育する多年草。全草に褐色の縮毛がある。葉は5〜7枚が互生、楕円状卵形で先端が尖り、基部は茎を抱く。茎の先端に20〜30個の花を総状に付ける。萼片は狭長卵形で先端が尖り、帯黄色。唇弁は卵状披針形、白色〜黄緑色、下唇弁には暗褐色の斑紋がある。
【絶滅危惧 II類(VU)】