7月の一覧に戻る
アオノツガザクラアオノツガザクラ
鳥海山
アオノツガザクラ
<青の栂桜>
ツツジ科 ツガザクラ属
生育地:砂礫地、草地
花期:7〜8月
高山帯の草地や岩礫地に生える常緑小低木。
樹高:10〜30cm
茎は地を這い、よく分枝し、茎の上部が斜上する。葉は線形で、密に互生する。枝先に4〜10個の淡黄緑色の壷型花を下向きに付ける。花柄は細く、微毛と腺毛が生える。萼片は広披針形で緑色。花冠の先端は浅く5裂する。果実はさく果で、上を向く。
葉がマツ科のツガ(栂)に似て、花が淡緑〜白色のところからエゾノツガザクラ に対してアオノツガザクラと名付けられた。
【準絶滅危惧種(NT)】