7月の一覧に戻る
アリノトウグサアリノトウグサアリノトウグサ
秋田市(自宅の芝生)
アリノトウグサ
<蟻の塔草>
アリノトウグサ科 アリノトウグサ属
生育地:山地、野原
花期:7〜9月
日当たりの良い場所に這ってのびる多年草。
草丈:10〜40cm
茎の下部は地面を這い、節から茎を立てる。葉は対生し卵円形で小さく、鈍い鋸歯がある。茎の先端に花序を出し、下向きに淡紅褐色の小さな花をつける。花弁と雄蕊が落ちたあと、赤い羽毛状の雌蕊が伸びてくる。
草全体をアリ塚、花をアリに見立てた名称。