4月の一覧に戻る
アズマシロガネソウアズマシロガネソウ
横手市白木峠
アズマシロガネソウ
<東白銀草>
キンポウゲ科 シロガネソウ属
生育地:山地
花期:4〜6月
秋田〜福井県の日本海側の林内の湿った場所に生える多年草。
草丈:10〜15cm
茎は無毛で、直立する。根生葉は茎葉より小さく長柄があり、3出複葉。茎葉は茎頂に対生し1回3出複葉。小葉は倒卵形で、先は切れ込み、基部はくさび形。茎頂に花柄を数本出し、一個ずつ花を付ける。花柄は無毛。花は横向きからやや下向きに咲く。花の萼片は花弁状で、5枚。黄緑色で、基部は赤紫色。花弁は雄蕊状で5本。雄蕊は10本で、花糸は白く、葯は淡黄色。