8月の一覧に戻る
チジミザサ
八郎潟町
チジミザサ
<縮み笹>
イネ科 チヂミザサ属
生育地:山野
花期:8〜10月
山野の草地に普通に見られる多年草。
草丈:10〜30cm
茎の基部は匍匐枝状に横に這い、上部は立ち上がる。葉は広披針形で、縁は波を打ち、先は尖る。基部は粗い毛が生えた葉鞘。茎頂に花序を出し、6個〜10個の短枝を分け、緑色の小穂を付ける。頴の先には長さが不揃いの芒があり、成熟すると芒は粘液を出す。果実が熟すと芒に粘液を出し、付着する。
葉の幅が広く、ふちが縮れていて笹に似ているところからの名称。