5月の一覧に戻る
エンコウソウエンコウソウエンコウソウ
秋田市下浜珠林寺
エンコウソウ
<猿猴草>
キンポウゲ科 リュウキンカ属
生育地:湿地、水辺
花期:5〜6月
湿った場所に生える多年草。
草丈:30〜50cm
茎は直立せず、地面を這う。葉は腎円形で、艶があり、縁には粗い鋸歯がある。茎の先が斜上して黄金色の花を付ける。花は普通は2輪ずつ付く。花弁に見えるのは萼片で5個ある。雄蕊は多数、雌蕊は5本ある。花後の実は袋果。
リュウキンカ に似るが花、葉とも小形で茎は直立せず横に這うことから手の長いサルに見立てての名称。(下の画像は種まきして育てたエンコウソウ)
【絶滅危惧 II類(VU)】