8月の一覧に戻る
エノキグサエノキグサ
各地
エノキグサ
<榎草>
別名:アミガサソウ
トウダイグサ科 エノキグサ属
生育地:草地、畑
花期:8〜10月
畑や道ばたに生える一年草。
草丈:20〜40cm
茎は直立する。葉は互生し、長楕円形〜広披針形で、鈍い鋸歯があり、先はやや尖る。総苞に包まれた雌花は葉腋から出て、上部には小さな雄花が穂状に付く。8本の雄蕊が膜質の花被に包まれ、開花すると花被は4裂する。雌花の花被は子房の上につき、深く3裂し、軟毛が多く、その中心部に雌蕊がある。花柱は3個で、先端が糸状に裂ける。さく果は球形。
葉の形がエノキの葉に似ることからの名称。
葉腋に編み笠状の包葉に包まれた雌花の形から編み笠草の別名がある。