6月の一覧に戻る
エゾイラクサエゾイラクサエゾイラクサエゾイラクサエゾイラクサ
三種町増沢
エゾイラクサ
<蝦夷刺草>
エラクサ科 ムカゴエラクサ属
生育地:湿地
花期:6〜8月
茎は赤味を帯び、角張っていて、棘状の毛が下向きに生える。
草丈:50〜180cm。
葉は対生し、卵状楕円形で、先がとがり、縁に粗い鋸歯がある。托葉は2個。ふつう雌雄異株、まれに同株。花は葉腋から伸びる穂状花序にまとまってつけ、緑白色で、萼片、雄しべは4個。
若芽は山菜として食べられるが、秋田で‘あいこ’と呼んで食べるのはミヤマイラクサ だけである。