6月の一覧に戻る
エゾノギシギシエゾノギシギシエゾノギシギシエゾノギシギシ
各地
エゾノギシギシ
<蝦夷の羊蹄>
タデ科 ギシギシ属
生育地:道端、草地
花期:6〜8月
ヨーロッパ原産の多年草。
草丈:0.5〜1.3m
茎や葉柄、葉の中脈がしばしば赤みを帯びる。葉は卵状楕円形〜長楕円形で基部は心形。裏面の脈状には毛状の突起があり、縁は波打つ。茎の上部の多くの総状花序に淡緑色の小さな花を輪生状に付ける。花は両性、雌性花、雄性花がある。花のあと内花被片3個は翼状になり、下部の縁に刺状の突起がある。外側に面した内花被片の中肋はこぶ状にふくれ、そう果を包んでいる。
ギシギシ属にはギシギシナガバギシギシアレチギシギシ などがある。