8月の一覧に戻る
エゾノキツネアザミ
三種町森岳
エゾノキツネアザミ
<蝦夷の狐薊>
キク科  アレチアザミ属
生育地:山地
花期:8〜10月
山地の道ばたや荒れ地に生える多年草。
草丈:50〜180cm
茎は直立し、茎や葉に蜘蛛毛があり、白っぽい。茎葉は互生し、長楕円状披針形で、縁に浅い鋸歯と刺がある。茎の上部でよく分枝し、枝先に紅紫色の頭花を上向きにつける。総苞は鐘形。総苞片は反り返らない。雌雄異株。
アザミに似てアザミではないことからの名称。