7月の一覧に戻る
エゾニュウエゾニュウ
秋田駒ケ岳
エゾニュウ
<蝦夷にゅう>
セリ科 シシウド属
生育地:山地
花期:7〜8月
山地の草地に生える多年草。
草丈:1〜3m
大型の多年草。茎は赤紫色で太く、直立して上部で枝を分ける。葉は2〜3回3出羽状複葉で小葉は長楕円形、葉柄の下部が著しく膨らんで袋状となる。枝先に大形の複散形花序を出し白色の小さな花を多数付ける。よく似たアマニュウ は小総苞片があるが、エゾニュウには小総苞片がない。
(秋田では若芽をニョウ、サク、ニョウサクなどと呼ん山菜として食べる)