6月の一覧に戻る
ギョウジャニンニクギョウジャニンニクギョウジャニンニクギョウジャニンニク
男鹿半島
ギョウジャニンニク
<行者大蒜>
ユリ科 ネギ属
生育地:林内
花期:6〜7月
深山の林下に生える多年草。強い臭気がある。
草丈:20〜30cm
地下にラッキョウに似た鱗茎を持つ、葉は根生、扁平で基部は鞘となる。花茎の先の散形花序に、白色または淡紫色の多数の小花を球形に付ける。小花の花弁は6枚で大きな花弁3枚と小さい花弁3枚とがある。雄蕊も6本で大きな葯を付けた3本と小さな葯を付けた3本とがある。3個の心形の子房がある。
行者が強壮目的で食用にしたニンニクの意味。
【絶滅危惧 II類(VU)】