6月の一覧に戻る
ハキダメギクハキダメギク
各地 
ハキダメギク
<掃溜菊>
キク科 コゴメギク属
生育地:草地、荒れ地
花期:6〜11月
荒れた草地に生える一年草。
草丈:15〜60cm
熱帯アメリカ原産の帰化植物で、大正時代に東京世田谷の掃溜めで初めて見つかった。茎は分岐する。葉は卵形〜卵状被針形で、波状の浅い鋸歯がある。互生する。枝先に小さな頭花を1個ずつつける。頭花は回りに3裂した白色の舌状花を普通5個付け、内側に黄色の筒状花が多数付く。総苞片と花柄には腺毛がある。舌状花に冠毛がある。そう果には白い鱗片状の冠毛があり、先は細くとがる。