7月の一覧に戻る
ハクサンボウフウハクサンボウフウハクサンボウフウ
八幡平
ハクサンボウフウ
<白山防風>
セリ科 カワラボウフウ属
生育地:草地
花期:7〜9月
亜高山〜高山帯の湿った草地に生える多年草。
草丈:30〜90cm
葉は1〜2回3出羽状複葉または単羽状になる。小葉は広披針形〜広卵形で、縁に粗い鋸歯があり、不規則に浅裂し、形に変化が多い。側小葉は無柄。葉柄の基部が鞘状に膨らんで茎を抱く。茎先に複散形花序を付け、白い小さな5弁花を多数付ける。花弁は内側に曲がる。総苞片、小苞片は無い。
白山に多く見られることによる。