7月の一覧に戻る
ハクサンフウロハクサンフウロハクサンフウロ
鳥海山、その他
ハクサンフウロ
<白山風露>
フウロソウ科 フウロソウ属
生育地:草地
花期:7〜8月
高山の草地に生える多年草。
草丈:30〜50cm
根生葉には、下向きの粗毛が生え、長い葉柄があり、掌状に深5裂、さらに裂片は3出状に中裂する。茎葉は、対生あるいは互生する。茎頂の花は淡紅紫色の倒卵形の5弁花で、雄蕊10本、上向きに1〜3個付ける。ロケット形の実は熟すと、裂片が種子を弾き飛ばす。
発見地の白山に因んで付けられた名。男鹿半島で見られるのをオガフウロ(ハマフウロ)として区別しているが殆ど差がない。
【準絶滅危惧種(NT)】