7月の一覧に戻る
ハマボウフウハマボウフウハマボウフウ
秋田市向浜
ハマボウフウ
<浜防風>
セリ科 ハマボウフウ属
生育地:海岸、砂地
花期:7〜8月
海岸の砂地に生える多年草。
草丈:5〜15cm
葉は厚く光沢があり、2回3出羽状複葉で小葉は倒卵状楕円形。縁には不整の鋸歯がある。茎の先端に複散形花序を出し、小さな白花を密に開く。果実は、楕円形で軟毛が密生する。
【準絶滅危惧種(NT)】