6月の一覧に戻る
ハマニンニクハマニンニク
秋田市海岸
ハマニンニク
<浜大蒜>
別名:テンキグサ
イネ科 エゾムギ属
生育地:海岸、砂地
花期:6〜7月
海岸の砂地に生える多年草。
草丈:50〜100cm
茎は円柱形で直立する。葉は細長い線形。茎頂に円柱状の穂状花序を出し、密に多数の小穂を付ける。小穂は初め淡緑色で後に多少黄色を帯びた白色となり、全体に短い毛が多い。
若葉がニンニクに似ることからこの名がある。