6月の一覧に戻る
ハナヒリノキハナヒリノキハナヒリノキ
鳥海山
ハナヒリノキ
<嚔の木>
ツツジ科 イワナンテン属
生育地:山地
花期:6〜7月
山地〜亜高山帯の日当りの良い岩場や林縁に生育する落葉低木。
樹高:0.5〜1.3m
葉は互生し、長楕円形で、両面にやや堅い毛があって、縁に毛状の鋸歯があり、裏面は葉脈が突出する。新枝の先に総状花序を伸ばして下向きの壷型の花を多数付ける。
有毒で葉の粉が鼻に入ると嚔(はなひり)がでることからの名という。