8月の一覧に戻る
ハナイカリハナイカリハナイカリ
秋田駒ケ岳
ハナイカリ
<花碇>
リンドウ科 ハナイカリ属
生育地:山地
花期:8〜9月
山地の日当たりの良い草原に生える2年草。
草丈:20〜60cm
茎には4稜があり、単一または分枝する。葉は無柄で茎に対生する。披針形から楕円状卵形で先端が尖り、縁は全縁になる。茎頂と葉腋に集散花序を出す。花冠は淡黄色合弁花で4中裂する。裂片の下部が長く伸びて距となる。萼は4深裂し、裂片は線状倒披針形。果実はさく果。
和名は距がある花冠の形が船の碇に似ていることによる。
【絶滅危惧 IA類(CR)】