6月の一覧に戻る
ハンゲショウハンゲショウ
能代市落合沼
ハンゲショウ
<半夏生>
ドクダミ科 ハンゲショウ属
生育地:湿地
花期:6〜8月
水辺や湿地に生える多年草。
草丈:10〜15cm
葉は互生し、卵状心形。上部の葉腋から出た花穂に多数の白い花をつける。花穂ははじめ垂れているが、下の方から開花するにつれて立ち上がる。花期になると、上部の葉の表面が白く変色し、8月頃から再び淡緑色になる。臭気がある。半夏生(7月初旬)の頃に花が咲き、上部の葉が白くなることからこの名がつけられた。
【絶滅危惧 II類(VU)】