9月の一覧に戻る
ヒガンバナヒガンバナ
三種町 
ヒガンバナ
<彼岸花>
別名:マンジュシャゲ
ヒガンバナ科 ヒガンバナ属
生育地:丘陵、土手
花期:9月
日当たりの良い墓地の土手に群生しているのが見られたが、本来自生ではなく墓地造成時に植えられた可能性が高い。もともと、これは古い時代に中国からやって来た帰化植物で、多年生の球根性植物。
草丈:30〜50cm
花茎が地上に突出し、その先端に包に包まれた花序が一つ付ける。包が破れると5〜7個の花が開く。花は短い柄があって横を向いて開き、全体としてすべての花が輪生状に外向きに並ぶ。花弁は細長く、大きく反り返る。
花後に線形の細い深緑で艶のある葉をロゼット状に出す。