6月の一覧に戻る
ヒメシャクナゲヒメシャクナゲ
八幡平
ヒメシャクナゲ
< >
ツツジ科 ヒメシャクナゲ属
生育地:湿原
花期:6〜7月
亜高山帯から高原帯の湿原に生える小低木。
樹高:10〜30cm
茎は地上を這い、上部が斜上する。葉は互生し、広線形で、革質で縁は裏面に反り返る。葉の表面は細脈が網状にへこみ、裏面は粉白色。枝先に散形花序をつくり、数個の淡紅色の壺形花を下向きに開く。花冠の先は浅く5裂する。萼片も淡紅色。果実は扁球形のさく果で、上を向く。
【絶滅危惧 IB類(EN)】