7月の一覧に戻る
ヒオウギアヤメヒオウギアヤメヒオウギアヤメ
由利本荘市竜ヶ原湿原
ヒオウギアヤメ
<檜扇菖蒲>
アヤメ科 アヤメ属
生育地:湿地
花期:7〜8月
亜高山の湿地や高層湿原に群生する多年草。
草丈:70cm
茎先で枝分かれし、葉はアヤメよりやや幅広い。花茎8cmくらいの紫色の花をつける。外花被片は3枚あり、円形ないし心形で大きい。アヤメと同様の網目模様が入る。内花被片はアヤメよりも短く、目立たない。雌しべの花柱は三つに分かれ、花びら状に見える。花は一日花。花の後にできる実はさく果。
和名は、葉の出方が檜扇(ヒノキの薄板を重ねた扇)に似ることに由来する。
【絶滅危惧 IB類(EN)】