7月の一覧に戻る
ホドイモホドイモホドイモホドイモホドイモ
三種町外の沢
ホドイモ
<塊芋>
別名:ほど
マメ科 ホドイモ属
生育地:山地
花期:7〜9月
山地の林縁に生え、地下に球形の塊根をつくる。
葉は複葉で、卵形の小葉は3〜5枚。葉腋から長い花柄を出し黄緑色の花を総状に多数付ける。旗弁は広く、翼弁はごく小さく先が淡紅紫色を帯び、竜骨弁は内に曲がる。その中に雄蕊と雌蕊がある。地下の塊茎をそのまま加熱して食用する。
現在東北地方を中心にホドという名で作物として栽培されているのは、明治時代中期に日本に導入された同属近縁種のアメリカホドイモ(アピオス)である。