8月の一覧に戻る
ホソバウンランホソバウンラン
上小阿仁村
ホソバウンラン
<細葉海蘭>
ゴマノハグサ科 ウンラン属
生育地:道端、荒地
花期:8〜9月
ユーラシア大陸原産の帰化植物。
草丈:20〜80cm
葉は線形で、互生するが、時には、対生、または輪生する。茎先に総状花序を出し、黄色い唇形花を多数付ける。花冠は唇形で、つけ根の部分に隆起した黄橙色の斑が入る。上唇は2裂、下唇は3裂する。花冠のつけ根の部分は下に伸びて距になる。萼片は5枚。花の後にできる実はさく果。大正時代に鑑賞用に持ち込まれたものが野性化したもの。
海岸の砂浜に生えるウンラン より葉が細い。