7月の一覧に戻る
イガオナモミイガオナモミ
秋田市(自宅の芝生)
イガオナモミ
<毬雄奈毛美>
キク科 オナモミ属
生育地:草地
花期:7〜10月
ヨーロッパ原産の帰化植物、1年草。
草丈:50〜150cm
草地や荒れ地などに生える。葉は赤褐色の長い柄があって互生し、卵形または広卵形で3浅裂し、縁には荒い鋸歯がある。茎先や葉の脇から円錐状の花序を出し、白っぽい黄緑色の花(頭花)をつける。雄花は茎の上方につき、雌花は下方につく。花の後にできる実は総苞に包まれた果苞で、周りに棘がある。果胞の表面や棘に細毛が生えている。近縁種にオナモミ、オオオナモミがある。