6月の一覧に戻る
イヌタデイヌタデ
各地
イヌタデ
<犬蓼>
タデ科 タデ属
生育地:畑、荒れ地
花期:6〜10月
畑や荒れ地などに普通に見られる1年草。
草丈:20〜60cm
茎は直立または斜上する。茎はふつう赤みを帯びる。葉は披針形で先が尖る。互生する。筒状の托葉鞘の縁には長い毛がある。枝先に紅色の小花を穗状に付ける。紅色の花弁状萼片は5深裂する、雄蕊8本、花柱3本。
和名は葉に辛みが無く役だたずのタデの意。よく似たハナタデ より花が蜜に付く。