7月の一覧に戻る
カラマツソウカラマツソウ
秋田駒ケ岳
カラマツソウ
<唐松草>
キンポウゲ科 カラマツソウ属
生育地:草地
花期:7〜8月
高山の草原や山地の林縁に見られる多年草。
草丈:50〜150cm
茎は直立し中空。葉は3〜4回3出複葉、小葉は灰緑色で倒卵形。托葉と小托葉がある。花は枝頂の複散房花序に多数付ける。細長い卵形の萼片があるが早く落ち、白色の雄蕊が残り、花弁はない。
萼片が落ちた雄蕊が唐松の葉に似ることによる。