7月の一覧に戻る
カラムシカラムシカラムシ
各地 
カラムシ
<茎蒸>
イラクサ科 カテンソウ属
生育地:荒れ地、道端
花期:7〜9月
人里の近くに多い多年草。
草丈:1〜2m
茎や葉柄には曲がった伏毛が有る。葉は広卵形で、鋸歯がある。互生。雌雄同株。雄花序は茎の下部、雌花序は茎の上部に付く。
から(幹)を蒸して繊維を採ったことからこの名がある。