5月の一覧に戻る
カラスビシャクカラスビシャク
各地 
カラスビシャク
<烏柄杓>
サトイモ科 ハンゲ属
生育地:畑
花期:5〜8月
畑の雑草として普通に見られる多年草。
花茎高:20〜40cm
地中にある塊茎(球茎)から通常3小葉の葉を展開し、葉柄の下部と小葉のつけ根にむかご(珠芽)を形成する。花茎をのばし、仏炎苞に包まれた肉穂花序を付ける。花序の付属体は長く糸状にのび、仏炎苞の外にでて直立する。
漢方(小半夏湯)は鎭吐薬として使用される。