5月の一覧に戻る
カラスノエンドウカラスノエンドウカラスノエンドウカラスノエンドウ
各地 
カラスノエンドウ
<烏野豌豆>
別名:ヤハズソウ
マメ科 ソラマメ属
生育地:道端、土手
花期:5〜7月
道ばた、荒れ地、野原などに見られるつる性の越年草。
細い根茎は基部から走出枝を伸ばして広がる。葉は8〜14枚の無柄の狭卵形の小葉をつけ、先端は二、三分する巻きひげとなって他物に絡みつく。托葉は半円形で蜜腺があり、2深裂する。葉腋の短柄に淡紅紫色の花1〜4個ずつ付ける。豆果は6〜8個の種子を含み、線形で黒く熟す。黒く熟した果実に因んだ名。
スズメノエンドウカスマグサ に比べて太くて立派。