8月の一覧に戻る
カヤツリグサカヤツリグサカヤツリグサ
各地
カヤツリグサ
<蚊帳吊草>
カヤツリグサ科 カヤツリグサ属
生育地:空き地、畑
花期:8〜9月
空き地、畑など生える1年草。
草丈:30〜50cm
茎には3稜がある。葉は狭い線形で先は尖り、茎の根元から3本ほど出る。茎の先端に3〜4本の長い苞葉をつけ、苞の中心から5〜7本の花序枝を散形に出し、枝はさらに約3個にわかれ小穂がまばらにつく。小穂は黄褐色〜褐色で、鱗片の先は尖って突出する。果実は倒卵形で横断面は3稜形。茎を両端から裂くと4つに分かれて四角になり、蚊帳「カヤ」のようになるのでこの名がある。