8月の一覧に戻る
キカシグサキカシグサ
秋田市河辺三内
キカシグサ
<表記なし>
ミソハギ科 キカシグサ属
生育地:水田、湿地
花期:8〜10月
水田や湿地に生える多年草。
草丈:10〜15cm
全草無毛。茎は軟らかく下部は地を這い、上部は直立または斜上し、短い側枝を出す。葉は無柄で、倒卵状楕円形、先は円く、対生する。淡紅色の花には柄が無く、葉腋に1個ずつ付く。萼は筒状鐘形で4裂し、裂片はとがる。小さな花弁が萼片お間に付く。雄蕊4本、雌蕊1本で花柱は短い。さく果は楕円形で萼と同じ長さ。
和名は、果実がシラミ(古語でキカジ)の卵に似ておることに由来する。
【絶滅危惧 II類(VU)】