3月の一覧に戻る
キクバオウレンキクバオウレンキクバオウレン
秋田市下浜
キクバオウレン
<菊葉黄蓮>
キンポウゲ科 オウレン属
生育地:山地
花期:3〜4月
山地の林内に生える常緑の多年草。
花茎高:5〜10cm
キクに似た1回3出複葉で柄が長い葉は地面を這うように拡がり、そこからやや褐色の花茎を直立し、先端を分枝して2〜3個の白〜淡紅色の花を付ける。花弁状の額は細長5〜7枚。花弁はその内側に5〜6枚。雌雄異株で、雄花に、雌花には雌蕊が多い。
小葉がセリの葉様(3回3出複葉)に切れ込むものをセリバオウレンという。
根茎は漢方「黄蓮」は健胃、整腸薬として用いられる。