6月の一覧に戻る
キヌガサソウキヌガサソウキヌガサソウ
八幡平
キヌガサソウ
<衣笠草>
ユリ科 ツクバネソウ属
生育地:湿地
花期:6〜8月
山地帯〜亜高山帯の湿った林内や林縁に生える多年草。
草丈:30〜80cm
広倒被針形まやは倒卵狭長楕円形の葉が8〜9枚輪生する。その中心から短い花柄のばして1個の白色はなを開く。長楕円形の外花被片を7〜9枚、糸状の内花被片が7〜9枚,花柱5〜8本が外側に反回する。
輪生する葉を昔の貴人にさしかけた衣笠に見立てたもの。
【絶滅危惧 IB類(EN)】