7月の一覧に戻る
コバノイチヤクソウコバノイチヤクソウコバノイチヤクソウコバノイチヤクソウ
八幡平
コバノイチヤクソウ
<小葉の一薬草>
イチヤクソウ科 イチヤクソウ属
生育地:草地、砂礫地
花期:7〜8月
亜高山の針葉樹林に生える多年草。
草丈:10〜20cm
茎は赤味を帯びる。葉には柄があり、楕円形〜円形だが、やや縦長で、先端の尖ったものもある。花茎の先に白色の花を3〜7個付ける。萼裂片は三角形で先が尖る。
本属のイチヤクソウジンヨウイチヤクソウベニバナイチヤクソウ なども見られる。
よく似たマルバノイチヤクソウ とは葉の形、萼裂片の形と先端の尖りによって区別する。
【絶滅危惧 IA類(CR)】