6月の一覧に戻る
コウボウムギ
秋田海岸
コウボウムギ
<弘法麦>
カヤツリグサ科 スゲ属
生育地:海岸
花期:6〜7月
海岸の砂地に生える多年草。
草丈:10〜20cm
砂の中に長く匍匐茎を延ばし、各所から地上へ出る茎を伸ばす。葉は根出状に出て、黄緑色でつやがあり、厚みがあって硬く、先端へと細まって巻く。葉の縁にはざらつきがある。花茎は直立し、先端に太い穂を一つ付ける。雌雄異株。雄花の穂はこん棒状で、全面から葯が出る。
雌花序もこん棒状。一面に果胞がつく。
名の由来は、根茎の繊維を弘法大師の筆に、穂を麦に見立てたものという。