7月の一覧に戻る
コウリンタンポポコウリンタンポポ
八幡平
コウリンタンポポ
<紅輪蒲公英>
キク科 ミヤマコウゾリナ属
生育地:道端、野原
花期:7〜8月
ヨーロッパ原産の帰化植物。明治中期に鑑賞用として持ち込まれたものが野性化したもの。
草丈:10〜50cm
全体に黒っぽい毛が密生する。根生葉は長楕円状倒披針形で、両面に粗い毛がある。花茎の先に頭花を10個ほどつける。頭花は橙赤色の舌状花からなり、乾くと暗赤色になる。