6月の一覧に戻る
クモキリソウクモキリソウクモキリソウ
三種町石倉山
クモキリソウ
<雲切草>
ラン科 クモキリソウ属
生育地:山地
花期:6〜8月
山地の林内に生える多年草。
草丈:10〜20cm
地中の偽球茎で越冬する。春、偽球茎の側方の芽を展開する。花をつける株では広卵形の葉は2枚を根生。葉間から花茎を出し、3〜10個の淡緑色または暗紫色の花を付ける。花は細長い側花弁が2枚とやや幅広い萼片が3枚あり、唇弁は幅広く下に反り返る。
和名には雲の字があてられているが、もともと蜘蛛切草だったとも言われる。