7月の一覧に戻る
クロバナロウゲクロバナロウゲ
八幡平大沼、長沼
クロバナロウゲ
<黒花狼牙>
バラ科 クロバナロウゲ属
生育地:山地
花期:7〜8月
亜高山帯の湿地や湿原に生える。
草丈:30〜100cm
茎は上向きの伏毛が密生する。下部は地を這って分枝する。葉は互生し、奇数羽状複葉。小葉は1〜3対あり、狭長楕円形で、鋸歯があり、葉裏は白っぽく絹毛がある。葉の基部に托葉がある。葉腋から柄を出し、まばらな集散花序をなす。花は暗紫褐色で、花弁は萼片より小さく、暗紫褐色の披針形。萼片は5個で、水平に開出し、卵形で、先が尖り、内側は暗紫褐色で、外側は緑色にやや褐色を帯びる。副萼片は5個で、萼片より細く短く、両面とも緑色。雄しべは多数ある。花後に花床が膨れる。
【準絶滅危惧種(NT)】