8月の一覧に戻る
クサボタンクサボタンクサボタン
男鹿半島
クサボタン
<草牡丹>
キンポウゲ科 センニンソウ属
生育地:山野
花期:8〜9月
日当たりの良い山野に生える植物。
草丈:1m
茎は直立し、下部は木化する。葉は対生し、大形の1回3出複葉、小葉は卵形で厚く粗い鋸歯がある。花は大きな円錐花序に多数の淡紫色の細い鐘形花を下向きに付ける。4枚の萼片の先端は反り返る。果実は痩果で、羽毛状の長い花柱が残る。
葉が牡丹(ボタン)の葉に似ることに因る。