3月の一覧に戻る
マルバマンサクマルバマンサクマルバマンサク
秋田市仁別
マルバマンサク
<丸葉満作>
マンサク科 マンサク属
生育地:山地
花期:3〜5月
日本海側の山地に生える落葉小高木。
樹高:3〜5m
葉は倒卵形〜倒卵状円形で、先が円く、波状の鋸歯がある。成葉はほとんど無毛。互生する。葉に先駆けて花が咲く。花には萼、花弁と雄蕊および仮雄蕊が4個ずつあり、雌蕊は2本の花柱を持つ。萼は赤褐色または緑色で円い。花弁は黄色で細長いひも状になる。果実はさく果で、2個の大きい種子を含む。
名の由来には「豊年満作」または「先ず咲く」から転じたとする説とがある。