5月の一覧に戻る
マツバウンランマツバウンランマツバウンラン
秋田市
マツバウンラン
<松葉海蘭>
ゴマノハグサ科 ウンラン属
生育地:海岸
花期:5〜6月
アメリカ原産の帰化植物。
草丈:20〜50cm
茎は細く、束生する。葉は線形で、根元ではロゼット状に輪生するが、直立茎では細く、互生する。茎の上部に青紫色の仮面状唇形花を穂状に付ける。花冠は上下に分かれ、さらに上唇は2浅裂、下唇は3深裂する。雄蕊4本、雌蕊1本。
和名の由来は、花がウンランに似て、葉が「松葉」のように細いことからきている。