6月の一覧に戻る
ミヤマハンショウズルミヤマハンショウズル
秋田駒ケ岳
ミヤマハンショウズル
<深山半鐘蔓>
キンポウゲ科 センニンソウ属
生育地:針葉樹林縁
花期:6〜8月
亜高山〜高山帯針葉樹林縁のハイマツなどに絡みつく蔓性植物。
葉は2回3出複葉で対生する。小葉は卵状被針形で、葉の質は薄く、縁には荒い鋸歯がある。長い花柄を葉腋から出して、濃い紫色の鐘形で大きな花を1個付ける。花弁状萼片4枚は平開せず、縁には白い毛が密生する。花弁は、萼片の内側に雄蕊を囲んで10数個ある。そう果は広卵形。花柱は長く伸びて褐色を帯びた羽毛状になる。
【絶滅危惧 IB類(EN)】