7月の一覧に戻る
ミヤマトウバナミヤマトウバナ
大仙市田沢湖高原
ミヤマトウバナ
<深山塔花>
シソ科 トウバナ属
生育地:山地
花期:7〜9月
山地の林内に生える多年草。
草丈:30〜40cm
茎は直立して4稜があり無毛。葉は卵状長楕円形、葉縁には荒い鋸歯があり、葉の先は尖る。対生する。上部の葉腋や茎頂の花序に白色の唇弁花を輪生状に数段付ける。花弁の内側に淡紫色の班紋があり、上部裂片は3裂、下部裂片は2裂し先端は鋭く尖る。萼筒には長い毛が疎らに生える。
トウバナ の高山型。