7月の一覧に戻る
モミジカラマツ
秋田駒ケ岳,その他
モミジカラマツ
<紅葉唐松>
キンポウゲ科 カラマツソウ属
生育地:草地、砂礫地
花期:7〜8月
亜高山〜高山帯の湿り気のあるところに見られる多年草。
草丈:40〜60cm
根出葉を2〜3枚出し、葉身は円形ないし半円形で、掌状に7〜9中裂する。根本から高く伸びた花茎を出し、その先に散房花序の白色の花を多数つける。花弁はなく、萼片は開花時に落ちて白い花は雄蕊の集まりである。
掌状の葉をモミジに見立てた名。ミヤマカラマツ とは葉の形で区別出来る。