8月の一覧に戻る
ムカゴイラクサムカゴイラクサムカゴイラクサ
秋田市河辺町
ムカゴイラクサ
<珠芽刺草>
イラクサ科 ムカゴイラクサ属
生育地:草地、荒れ地
花期:8〜9月
日陰のやや湿った場所に生える多年草。
草丈:30〜70cm。
茎は緑色をして刺がありま、葉は表は緑色、裏は薄深緑で卵状被針形をしており表面に刺があり、葉縁に浅い鋸歯があり、互生する。雌雄同株で、上部の葉脇から長い柄のある雌花序を出し、下部の葉脇に雄花花序をつける。葉柄のつけ根に珠芽(むかご)をつけるのが名の由来である。イラクサ属との区別は葉が互生する点。