9月の一覧に戻る
ナンバンハコベナンバンハコベナンバンハコベ
秋田市戸島、昭和町
ナンバンハコベ
<南蛮繁縷>
ナデシコ科 ナンバンハコベ属
生育地:草地
花期:9〜10月
山地や草原に生える多年草。
草丈:1〜1.5m
茎はよく分枝し、つる状に横に伸び、細毛が生える。葉は葉柄をもって対生し、広披針形〜卵形で、先端は尖る。縁と裏面に毛が生える。花は枝先に1個つき、下向きに咲く。萼は緑色で、5中裂し、先端は尖る。花弁は5個で離れて付き、白色、爪部は長く舷部はくさび形となって2裂する。雄蕊は10本。花柱は3本。果実は液果状のさく果で、黒色に熟す。
変わった花の形から異国風という意味で南蛮とつけられたらしい。